仏壇の種類

お仏壇には金仏壇唐木仏壇家具調仏壇の3つの種類があります。
ここでご紹介する仏壇はほんの一例です。

金仏壇

金仏壇は日本の代表的な伝統工芸作品であり、複数の職人による分業によって製作されています。

主に8つの工程  木地、宮殿(くうでん)、彫り物、金具彫金、塗り、箔押し、蒔絵、組み立てなどの

それぞれに専門の職人集団があり、その技術を総合して金仏壇はでき上がります。
一口に金仏壇とはいうものの、極めて多種多様のものがございます。

主に大きさと、宗派によって分類されます。

butu-1
真宗大谷派
(東本願寺)
参考価格45万円~
butu-2
真宗本願寺派
(西本願寺)
参考価格45万円~
浄土宗・各宗
参考価格45万円~

唐木仏壇

唐木は、「紫檀、黒檀、鉄刀木」などの“沈木”、「白檀」などの“薫香木”が代表的です。奈良時代、中国は唐より伝来した重厚な木材の総称が“唐木”であると考えられています。

お仏壇に用いられる唐木は、中でも強度に優れ、比重が高いのが特徴です。更に木理や杢目の美しいものが好まれます。このような優れた唐木、形・木目・材質に趣のある唐木は「銘木」と呼ばれ、銘木を用いてお仏壇を作りますので、時には“銘木唐木仏壇”とも呼ばれています。

唐木仏壇はどのご宗派にもお使いいただけます。

butu-4
黒檀
参考価格30万円~
butu-5
紫檀
参考価格30万円~

家具調仏壇

伝統的なデザインのお仏壇に対して、フローリングのリビングなどに安置することをイメージしたすっきりとしたデザインのお仏壇。使われる素材も洋家具で使われる材料などが用いられ、現代の生活空間にマッチするデザインで作られています。お部屋の雰囲気に合わせたお仏壇選びができます。

お部屋のデザインに合わせた洒落た感覚の製品もございますので、ご相談下さい。
置き場所を選ばない上置仏壇などがございます。

家具調仏壇、上置仏壇はどのご宗派にもお使いいただけます。

butu-6
家具調仏壇
参考価格25万円~
butu-7
上置仏壇
参考価格1万円~
伝統的工芸品「三河仏壇」製造、販売

伝統的工芸品「三河仏壇」とは?

伝統的工芸品の指定・・・
昭和49年5月25日に公布された『伝統的工芸品産業の振興に関する法律』を略して
『伝産法』と呼びます。
この伝産法に基き 経済産業大臣が指定するものが伝統的工芸品です。
現在全国では195品目を数え 愛知県ではその内12品目があり 『三河仏壇』は
昭和51年12月15日にその指定を受けております。

三河仏壇の特徴

  • 台の引出しが三杯引き出し
  • 前の欄間の彫りは・・・ウネリ長押付 ウネリ狭間
  • 中障子は・・・障子中に花子彫
  • 障子腰に・・・蒔絵板が取付けられ
  • 胴内に経本を入れる一帖及び戸扇式(ギリ仕上)四帖入りがあります
  • 屋根(宮殿・荘厳)の小長押も全て・・・ウネリ長押
  • 台に薄引出しが取り付けられています

製造工程

仏壇を仕上げるまでには 八種の専門職の手により完成されます。(三河仏壇八職会)
三河仏壇振興協同組合が設立されてから 八職の会員もその殆どが組合に加盟し 工部として伝統的な技術・技法の後継者の育成に力を入れております。
仏壇を仕上げるまでには 八種の専門職の手により完成されます。(三河仏壇八職会)
三河仏壇振興協同組合が設立されてから八職の会員もその殆どが組合に加盟し 工部として伝統的な技術・技法の後継者の育成に力を入れております。

各生産地によって職種や呼び方は違うと思われますが当組合では次の職種を八職としております。

  1. 木地師 仏壇の外郭本体を作る
  2. 宮殿師 仏像・仏画を安置する須弥壇・屋根・桝組を作る
  3. 彫刻師 仏界のさまざまな絵模様を木彫する
  4. 金物師 仏壇に取付ける錺金具を作る
  5. 塗師 木地部分に漆塗りをする
  6. 蒔絵師 漆塗りされた部分の必要な個所に絵模様を描く
  7. 箔押師 漆塗りされた個所に金箔を貼り付ける
  8. 組立師 錺金具を取付け各部分を検査し一本の仏壇に組立てる

三河仏壇振興協同組合

仏具について

仏壇はご本尊をお祀りすると共に、ご先祖や亡き人を供養するためのものです。
供養は、お花、線香、灯明、ご飯、お茶などによって行われますが、そのための道具が仏具です。

お仏壇へのお供えの仏具のうちで、「お花(花立)・線香(香炉)・灯明(ロ-ソク立)」を三具足、五具足と言い、最低限必要な仏具されています。
三具足は、向って左側に花立、中央に香炉、右側にロ-ソク立の仏具を配置します。
五具足は、左右の外側に花立を2つ、その内側にロ-ソク立を2つ、そして中央に香炉を1つ配置します。
線香は、仏様を供養し自らの不浄な心身を清めるためのもの、お花は、仏様のお慈悲を象徴するもの、灯明は、仏様の智恵を象徴するものです。
つまり、自分がお参りする時は、まず最初に心身を清め、そのうえで仏様のお慈悲の心と智恵の光によって身守られていることを実感するために供えるのです。
さらに、ご飯をお供えする仏器、お茶やお水をお供えする茶湯器、お菓子や果物をお供えする高月、線香を入れておく線香差、マッチのカスを入れるマッチ消、お仏壇の中を明るくするための吊灯籠、読経の始まりを知らせるおリン等の仏具があります。

仏具の大きさは、お仏壇の大きさに合わせて選ぶことが大切です。
仏具は、宗旨、宗派、 仏壇の種類、地域性によって異なります。

位牌への名入れ(彫刻、書き)

戒名まどの位牌への名入れ、宗派の梵字入れも可能です。
先祖代々、俗名、戒名、夫婦連名も可能です。